小さな手の会

私たちの目指すもの

特定非営利活動法人小さな手の会は子育て支援を目的に、主にはきらきら保育園の運営という事で2005年に設立されました。

特定非営利活動法人小さな手の会の前身は任意団体の「小さな手の会」です。0歳児保育がなかった時代、お父さんお母さんが、久が原共同保育園を作り運営していました。卒園していく父母も恒常的に応援団としてかかわってもらいたいという事で「小さな手の会」ができ、その後認証保育所になるにあたって特定非営利活動法人となりました。

特定非営利活動法人小さな手の会、きらきら保育園は子どもの人権や主体性を尊重し子どもの最善の利益をまもり、子ども自身が自分や友達・自然を大切にする心を養い心身ともに健やかに成長する環境作りをしていきたいと考えています。

また働く保護者が安心して働き続けられる保育園づくりを目指しています。そのために保護者と話し合い一緒に子育てをしていく事を大切にしています。保護者の置かれている状況なども聞きながら子育ての応援をしていきたいと考えています。

地域の人たちに子育ての情報を発信し、相談の場所になるように活動していきたいと思います。

法人概要

法人名 特定非営利活動法人小さな手の会 きらきら保育園
所在地 東京都大田区千鳥2-3-20
代表者 櫻井 光政
設立 2005年12月
事業内容 保育園の運営、子育てに関する普及啓発
育児相談などによる子育て支援
トップ